【中編】「何をするかよりも誰とするか」を大切にしていきたい by G&Cコンサルティング株式会社 代表取締役 木村 航

G&Cコンサルティング株式会社 代表取締役 木村 航 略歴
1993年生まれ。北海道豊富町出身。同志社大学在学中に株式会社GOJOチャレンジを創業、代表取締役専務就任。
2016年、地方創生を目指して創業した株式会社GOJOチャレンジにて、将来の五條を担う人財育成を目指した学習塾を開校。将来の五條市を担う人財に育てるべく、通常科目に加え五條市の歴史や文化、特産品などを学ぶ”ふるさと学習”を実施。
2017年、G&Cコンサルティング株式会社に異動し、奈良、徳島、山口、熊本などの地方創生にも従事。
2020年、G&Cコンサルティング株式会社 代表取締役 就任。

インタビュアー:株式会社LOCAL STAR

現在のお立場になるまでの歩みを教えてください。
2015年 同志社大学休学
2016年 株式会社GOJOチャレンジ設立(代表取締役専務)
2017年 同志社大学卒業、G&Cコンサルティング株式会社に異動
2020年 G&Cコンサルティング株式会社 代表取締役に就任
北海道豊富町という人口4000人に満たない小さな町で中学時代まで過ごし、同志社大学への進学を機に関西で生活をしています。
大学時代にバレーボールの学生団体の活動を通じて、現在のメンターと出会いました。それが現在のG&Cコンサルティング株式会社の創設者でもある藤村雄志さんです。そこから良い意味で大きく人生が狂いました。学生時代から様々なイベントや勉強会に招待いただいていましたが、そのうちの一つとして地方創生をテーマにしたスタディツアーがありました。地方へのスタディーツアーを何度か行う中で、地方の現状や未来を知り、いつかは地元にも貢献したいと考えるようになりました。その流れから、奈良県五條市にて地方創生を目指した会社の設立の話が出て、当時4回生で内定先も決まっていたのですが、気がつけば内定辞退、大学休学を行い、株式会社GOJOチャレンジの設立メンバーとしてジョインしました。
その後は、G&Cコンサルティング株式会社に異動し、奈良県五條市を中心に徳島県や山口県、熊本県などのプロジェクトにも携わり、2020年G&Cコンサルティング株式会社の代表取締役に就任をしました。

社会に出て輝くために必要なことはどのようなことだと思いますか?
「何をするかよりも誰とするか」 仕事はもちろん生活において大切にしている言葉です。 「ドン・キホーテ」の著者であるセルバンテスの言葉に 「君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。」 というものがあるように、人は周りの環境で変わると考えています。 社会に出て輝くために必要なことに対する私の答えは、 社会で輝いている人たちと一緒に仕事をする、同じコミュニティに入ることだと思います。

参考URL
G&Cコンサルティング株式会社 コーポレートサイト
http://gc-consulting.jp/#
地方でのチャレンジを後押ししたい!仲間と情報が集う「地方創生チャレンジクラブ」
https://community.camp-fire.jp/projects/view/251973
株式会社LOCAL STAR コーポレートサイト
https://localstar.jp/

後編へ続く(公開までしばらくお待ちください)
 前編はこちら