LOCAL STARのサステナビリティモデル

LOCAL STARでは「人権の尊重」と「地球環境への貢献」を、事業展開における最も重要なベースであると考えています。その上で、バリューズを胸に刻みながら、ビジョンを設定し、サービスを通してミッションを果たしていきます。ミッションである「地域産業の維持・発展」「地域創生」を連動していくモデルを「ミッショントライアングル」と名付け、あらゆる面において存在意義を見出し、SDGs実現への貢献とコーポレートスローガンの実現へと近づいてまいります。

SDGsへの貢献

2030年までに国や企業が取り組むべき目標を掲げた国際的な指針である SDGs(Sustainable Development Goals)。SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。
LOCAL STARでは、目標10「人や国の不平等をなくそう」と目標13「気候変動に具体的な対策を」を事業のベースとして実行し貢献してまいります。サービスを通しては、目標8「働きがいも 経済成長も」に貢献してまいります。また、取引先へのサステナビリティ支援(経営支援事業)を進めることで、SDGs実現への輪を広げてまいります。

環境

LOCAL STARは事業活動を通じて、積極的に環境に配慮した行動により、持続可能な地球環境の実現に貢献してまいります。

  • 環境にやさしい商品の購入
  • 省エネ、省資源の実行
  • 取引先へのサステナビリティ支援(経営支援事業)
  • 人権

    LOCAL STARは人権、多様性が尊重されるよう、常に配慮して行動します。

    ガバナンスに関する基本方針

    当社では、経営の効率化を図ると同時に、経営の健全性、透明性及びコンプライアンスを高めていくことが、長期的な企業価値の向上につながり、それによって、多くのステークホルダーへの利益還元ができると考えております。経営の健全性、透明性及びコンプライアンスを高めるために、コーポレート・ガバナンスの充実を図りながら、経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる組織体制を構築してまいります。

    法令遵守

    当社では、関連法に対する理解を深め、あらゆる不正を防止してまいります。

    贈収賄・汚職等の防止

    当社では、贈収賄・汚職・不正な談合等、あらゆる腐敗を防止してまいります。  

    反社会的勢力への対応

    当社では、社会の秩序、企業の健全な事業活動の脅威となる反社会的な団体・個人とは一切の関係を持たず、一切の利益供与を行わないこととしており、契約書等への反社会的勢力排除条項の導入等の対策を実施しています。

    知的財産権・機密情報・個人情報の管理と保護

    知的財産権・機密情報・個人情報を保護することが重要であると考え、適切な取得・取り扱い・管理をしてまいります。

    税務方針

    当社では、適切な納税を継続し社会的責任を長期的に果たしていくことが、経済および社会発展に重要な役割を果たすことになり、すべてのステークホルダーの指示と信頼に応えることにつながると考え、租税に関連する法令順守を徹底してまいります。